住宅ローンが払えない! 暮らしを守るには?

住宅ローンが払えなくなったときの対処法としては、以下のようなものが挙げられます。
住宅ローン残高が物件価格より大きい場合

  1. 物件と住宅ローン残高の差額を債権者に払ってから売却する。
  2. 「任意売却」:住宅ローンの残高を残したまま、債権者との合意により相場に近い価格で売却し、差額がある場合は無理のない範囲で返済していく。
  3. 「競売」:裁判所が法的手続きにより強制的に売却する。ただし相場価格よりかなり低い価格で落札される場合がほとんど。

1ができればベターですが、実際は現実的ではありません。住宅ローンが払えなくなった人に手持ち資金があるとは考えにくいからです。

任意売却が現実的で有利な方法

もっとも現実的で有利な方法が②の任意売却です。

その理由は、相場に近い価格で売れること、残債(ローンの残り)ができても無理のない範囲で分割にして返していけること、引越しの日程がある程度交渉できること、引越し代を手元に残せること、周囲に秘密が守れること、計画的に新生活に移行できること、などです。

住宅ローンの滞納を続けるなどして③となった場合は、裁判所命令で強制的に入札となり、債務者にメリットは全くありません。相場価格よりかなり低く落札されることもあり、できるかぎり回避したい方法です。

任意売却は信頼できる専門業者のサポートで

最善策として任意売却を決断したとしても、法律や不動産に知識のない一般人は、何をしてよいか分からず、債権者との交渉もできないことが多いものです。

こうした場合、まず信頼できる専門業者を探すことになりますが、マスコミでもたびたび紹介されている「任意売却119番」に相談してみてはいかがでしょう。

http://nini-baikyaku.biz/