任意売却で少しでも有利に不動産を売却

任意売却は、債権者(公庫や銀行など)の了承を得て、住宅ローンの残っている不動産を売却することです。この任意売却は、債権回収の最終手段である競売より多くのメリットがあります。

競売より格段に有利な任意売却

任意売却は不動産取引の相場に近い金額で売却できる可能性が高く、残債を一掃、または少なくすることができます。残債が残った場合も、少しずつ返済できるように交渉可能です。競売になると落札価格は良くて相場の約70%程度となり、その分、残債が大きくなる恐れがあります。

任意売却は問答無用の競売に比べ、引越し費用、引越し時期もある程度の交渉が可能で、ある程度の余裕が与えられます。子どもが学校に通っている場合、引越しを新学期に合わせるなどの配慮も可能になります。

競売は裁判所や官報で公示され、売却の際にはチラシ等が配布されることもあるため、近所に事情を知られる可能性があります。また、競売物件を専門に扱う不動産業者が近所で情報収集をすることもあり、人によっては「気まずい」、「恥ずかしい」思いをすることがあります。任意整理であれば、通常の引越しと見分けがつかないので安心です。

金融機関との交渉は信頼できる窓口に依頼

このような利点があるので、不動産売却後の計画が立てやすく、引越しも円滑に運びます。ただし任意売却は複雑な手続きや、金融機関との交渉などがあるため、確実に進めるためにはそれなりのスキルとノウハウが求められます。できれば信頼できる窓口を見つけて相談した方が安心できます。

http://nini-baikyaku.biz/