任意売却で残債が残ってしまったら

任意売却で住宅を手放したら、借金がきれいになくなる、というのが理想です。しかし、現実にはそう思い通りになりません。特に不動産価格が下がっている時期には、残債が残ってしまうことも覚悟しなければなりません。

債権者や債権回収会社と交渉の余地あり

不動産を任意売却しても残債がある場合、債権者や債権回収会社からいずれ返済請求があるはずです。しかし債務者にはもう現金も資産もないことが多く、そこに交渉の余地が生まれます。債権者は全額回収不能になるよりは、多少の貸倒金が発生しても早期に回収したいと考えます。金融機関であれば、債権回収会社(サービサー)に債権譲渡することが一般的です。

相手が金融機関であろうと債権回収会社であろうと、債務者としては資産と収入を明らかにし、生活をしながら返していける返済額にまとまるよう交渉するしかありません。どんなに払おうという気持ちがあっても「無い袖は振れない」のですから、追い詰められながらも、交渉にはそれなりの期待ができます。

無理のない範囲で分割払い

任意売却後の残債については、最終的に債権者が債権放棄に応じる可能性もあります。しかし、その情報は債権者の内部情報であり、多くの場合機密事項ですから、債務者に報告が来るわけではありません。実質的に残債がなくなったことが明らかになるのは、自己破産、相続放棄、時効などの場合だけです。

残債の存在があると、生活しながら中途半端な気持ちにならざるを得ませんが、任意売却を実行したということでハードルのほとんどはクリアしています。交渉は生活に無理のない範囲で分割返済していくことでまとまることが多いので、元気に新生活に臨みたいものです。

http://nini-baikyaku.biz/